贈与税

トップ > 贈与税

贈与税とは?

 Q1. 贈与税はどのような場合に申告が必要になるの??
A1. 贈与税は、個人から財産をもらったときにかかる税金です。
会社など法人から財産をもらったときは贈与税はかかりませんが、所得税がかかることになっています。
また、自分が保険料を負担していない生命保険金を受け取った場合、あるいは債務の免除などにより利益を受けた場合などは、贈与を受けたとみなされて贈与税がかかることになっています。
ただし、死亡した人が自分を被保険者として保険料を負担していた生命保険金を受け取った場合は、贈与税でなく相続税の対象となります。(国税庁HPより)

 Q2. 財産は「いくらもらっても」申告が必要になるの??
A2. 贈与税は、一人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。
したがって、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません。
この場合、贈与税の申告は不要です。(国税庁HPより)

贈与税の非課税制度

さて、贈与税には、以下のような「非課税制度」がある事をご存じでしょうか。

 
 

※ご覧になりたいものを、クリックして下さい。紹介ページにアクセスできます。



お問い合せ お見積もり


ページトップに戻る