税務調査への対応

トップ > 税務調査への対応

税務調査への対応

納税者の立場に立って
誠心誠意対応いたします。

 Q.税務調査って何?

    A.
税務調査とは、税務当局による納税者への調査で、裁判所の令状による「強制調査」と、あらかじめ調査の予定日などを通知して行う「任意調査」があり、そのほとんどは「任意調査」です。

 Q.調査官は何を見に来るの?

    A.
全ての書類を見せる必要はありません。
税務署の担当調査官に聞かれた事に答えれば良いのです。

 Q.税務調査は何日もかかるのですか?

    A.
通常2日で済む場合もあれば、1週間かかる場合もあります。

 税務調査には、何が問題になるのか、どこから不正行為といわれるのかなど、いくつかの勘所があり、税理士であっても税務調査の経験を豊富に積まないと、そうしたポイントはわかりません。
 当事務所は、49年の間に培った経験による適切な対応で、早期税務調査終結、無用なトラブル回避に力を発揮します。


 調査官より仮に指摘があったとしても、事実関係を示していただければ事実認定が出来ます。
 税務調査は詰めが勝負です。結論を急がないでください。大丈夫です。仮に誤りがあっても、改めれば良いのです。


 ★税務調査の簡素化のために

 当事務所は、全国でも有数の、書面添付(意見聴取制度)を強力に推進している事務所です。


1.税務調査とは

 税務調査とは、税務当局による納税者への調査で、裁判所の令状による「強制調査」と、あらかじめ調査の予定日などを通知して行う「任意調査」があり、そのほとんどは「任意調査」です。

 しかし「任意調査」においても、税務職員には質問検査権が認められており、正当な理由なしに断ることはできません。

 実際には「業務に支障がある」という理由も「正当な理由」として認められますが、実際には対税務署ということで、必要以上に配慮してしまうケースも多く見られます。


2.税務調査の流れ(任意調査の場合)

 1.事前連絡が入ります

     

 2.調査日を打ち合わせ、決定します

     

 3.調査実施

     

 4.調査終了

3.税務調査に立会い、適正に行われることを確認します

 税理士法人アラタ(株)吉田経営会計事務所は、このような税務調査を控えたお客さまのご相談に対応。事前の打ち合わせのほか、税務調査当日の立ち会いも行い、調査が適正に行われるかを確認します。
 さらに当事務所はお客さまの立場に立ち、「納税者として、主張すべきは主張する」という方針で臨みます。



ページトップに戻る