相続対策

トップ > 相続業務 > 書面添付制度について

書面添付制度
税理士法第33条の2による「新書面添付制度」

書面添付制度とは法律に定められている制度で、企業や個人の方が税務申告書を税務署へ提出する際に、その内容が正しいことを税理士が確認する書類(税理士が計算し、整理し、又は相談に応じた事項)を添付する制度です。
「書面添付」をする事により、税務調査の実施前に、当事務所の意見を聞く制度(意見聴取制度)が制定されました。

当事務所は顧客企業・個人の納税者のご協力のもとに、「書面添付」を実践し、意見聴取制度を活用します。

これは税務調査とは違い、税理士の意見を尊重し、何も問題がなければ、税務調査以前に、完了ということも有り得ます。


意見聴取制度の流れ

相続税申告においても税務調査の前に、当事務所の意見を聴く制度(意見聴取制度)が税理士法で法制化されました。


ご相談は電話088-882-3228 もしくはメールフォームよりご連絡ください。


ページトップに戻る