医療法人の承継と相続対策

トップ > 医療法人の承継と相続対策

◆医療法人の事業承継対策は万全ですか

 医療法人の事業承継は、相続が発生してからの対応では不十分です。
 計画的に事前に対策を講じる必要があります。
 税理士法人アラタ・吉田経営会計事務所では、最善の事業承継プランを提案させていただきます。

  ●出資持分の計画的な贈与
  ●出資持分評価額の引き下げ対策
  ●遺言書の作成
  ●相続税額のシミュレーション
  ●相続時精算課税を利用した出資持分の贈与対策
  ●出資持分の定めのない法人への移行
  ●生命保険を活用した事業承継対策          等々


◆次のような疑問や不安はありませんか

  ●医療機関を閉院したら税金はどうなるのだろうか
  ●医療機関を閉院したら、自分の老後資金は大丈夫だろうか
  ●子供に医療法人を承継させたら税金はどうなるのだろう
  ●適当な後継者がいないが、法人を第三者に売却できないだろうか
  ●出資額の価値が大きくなっているが相続税は払えるだろうか


◆親族への事業承継の主なポイント

  ●遺言書はどのように書いたらよいか
  ●医療法人の経営にかかわらない出資者がいる場合の対策
  ●理事長交代の時期はいつが適正か
  ●理事長交代時に退職金を出すための要件とは


◆医療法人譲渡のポイント

  ●医療法人を第三者に譲渡するにはどのような方法があるか
  ●スタッフの引き継ぎはどのようにするか
  ●譲渡金額はどのように決めたらよいか


 税理士法人アラタ・吉田経営会計事務所では、医療専門の会計事務所としての30年間の実績を基に、最適な医療法人の事業承継対策を提案させていただきます。
 まずは、メール・電話・FAX等でお尋ね下さい。




税理士法人アラタ
(株)吉田経営会計事務所

高知市二葉町4-8
電話:088-882-3228
FAX:088-882-7037

メールお問い合せ