税務会計|税理士法人アラタ(株)吉田経営会計事務所

トップ > 税務会計

毎月訪問します

税務会計

 税理士法人アラタの巡回監査体制は、年度末決算月はもちろん、毎月顧問先企業を訪問し、会計資料・会計記録の真実性・網羅性を確かめ、かつ記帳等の指導を行なうものです。

 また月次等で行なった決算データを速やかに提供、解説するほか、税務全般にわたるアドバイスをはじめ、企業防衛・財務内容改善策等のアドバイスも行ないます。

こういったご不満はありませんか?>>>

月次決算の重要性

 月次決算とは、経営状況を把握し、経営管理のため毎月実施する決算の事をいいます。 会計業務は税金を納めるためにするものと思っていませんか?
 重要なのは下記の3点です。

1. 黒字なのか赤字なのか、利益が出ているならばどの部門がいくら利益を生み出しているのか?
そしてその理由は? 資金繰りの状態はどうか?
当月までの損益と財産の状況を常に把握する事は、経営者が経営戦略をたて、決断・行動する上で非常に役に立ちます。
2. 経営計画書や目標値と比較することで、達成度や課題を把握できます。
毎月帳簿整理することで、経理処理のミスを早期に発見し、年次決算をスピーディーに進める事ができます。
3. 金融機関から資料の提供要請にスピーディーに対応でき、さらには月次決算を行っている事実から会計資料の信用性が高まり、金融機関からの信頼も高まります。

税務監査業務

税務全般にわたり、適切なアドバイスをいたします。

 豊富な知識と経験を持つ税理士法人アラタでは、税の専門家として、会社経営から個人の財産に至るまでトータルに様々なご質問にお答えします。


税務調査の簡素化のために

書面添付(意見聴取制度)を強力に推進します。

 税理士法に、「書面添付」をすることにより、税務調査の実施前に、税理士法人アラタの意見を聞く制度(意見聴取制度)が制定されました。

 当事務所は顧客企業のご協力のもとに、「書面添付」を実践し、意見聴取制度を推進します。これは、税務調査とは違い、税理士の意見を聴取し、何も問題がなければ、税務調査以前に、完了ということも有ります。


税務調査立会

税務調査に立会い、歓与先の立場に立って、調査官との対応をいたします。




お問い合せ お見積もり


ページトップに戻る